不動産に関する様々な情報を得るために必要なこと

初期投資を抑える

初期費用が安い敷金礼金0物件

賃貸物件情報を見ていると、敷金礼金0となっている物件があります。敷金と礼金は通常家賃の1か月から3カ月分がかかるのが相場となっているのですが、それが0ヶ月分、つまり仲介手数料と火災保険料、そして日割り家賃、前家賃だけで賃貸契約時支払うお金になるので、だいぶリーズナブルに部屋を借りることができます。特に引っ越しをするとなると部屋を借りる時のお金だけでなく、引越し代や新居で使う家具や家電製品も買い替えるという人もいますので、敷金礼金0であれば初期費用をあまりかけずに引っ越しをすることができます。そのため、引っ越しをしたいけれど、あまりお金をかけずに引っ越しをしたいローンを組むことだけはしなくない人には向いています。

敷金や礼金がかからない物件

礼金という制度は関東地方を中心に始まったせいどです。今よりも住宅事情が悪い時期に、わざわざ大家さんが部屋を貸してくれたお礼として家賃とは別に入居のときに渡していたお金が、慣習的に今も残っています。しかし、現代は住宅事情はいいですので礼金というお金の意味は薄れてきているのですが、むしろ人口減少社会でありだんだんアパートを借りる人は少なくなってきています。そうなると空室ができるので大家さんにとっては収入が入ってこないことになります。そこで敷金礼金0にすることで、借りやすくする思惑があるのです。敷金礼金0の注意点ですが、いくら借りやすくてもその分が家賃に跳ね返ってきたり退去時にお金がかかることもあるので契約内容はよく確認することです。